ペイントツールSAIで描く

ペン入れレイヤーの基礎塗り準備

 ここで紹介するのは、ペン入れレイヤーで主線を描いたときに使える、面倒ですが便利な方法です。

 まず、ペン入れレイヤーを複製し、塗り作業用レイヤーを作成します。

 複製したら、元レイヤーを隠して。

 次に、塗るときには無視する線を削除します。キーボードの「SHIFT」「CTRL」「ALT」を同時に押しながら線をクリックすると、その線が丸ごと削除されます。

 続いて、「全ストロークの筆圧をリセット」します。これをやると、そのレイヤーにある全ての制御点が筆圧100%となり、均一な線になります。

 最後に「線変更」で、全ての線の太さを、最も細い「0.5」にします。

 これで塗り作業用レイヤーは完成です。

 塗り作業用レイヤーが完成したところで、その使い方です。基礎塗りの際、範囲選択を使うときに

ペン入れレイヤーそのままで残る隙間。 作業用レイヤーで残る隙間。
ペン入れレイヤーそのままより、隙間が少なくなります。
作業用レイヤーの選択範囲に、ペン入れレイヤーを重ねた図。
隙間の大きさによっては、ほぼ完全に埋まります。

 このように、塗り範囲をより精密に選べるようになります。

目次へ戻る

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット